心の身体のパランスの重要性

子供が欲しい!
そう思った時に、うまく妊娠できる人は想像以上に少ないものです。それは当然のことです。
二人の体調、排卵のタイミング、受精、着床の確率、正常受精卵となる確率などなど。
すべてが、確率論の世界です。ある意味、妊娠とは奇跡といっても過言ではありません。

それでは、どうすれば、うまく妊娠することができるのでしょう。
長期で不妊で悩んでいるのであれば、まず自分たちの身体に問題がないか確認する必要があります。
少し壁が高いかもしれませんが、それを早めに把握しておくことで、適切な治療を行ったり、
あらゆる方法を模索することができるからです。

夫婦ともに特に身体に問題がなかったとしても、自然妊娠をする可能性は、
必ずしも高いものではありません。先ほども書きましたが、タイミングよく性交渉を
行ったとしても、受精するかどうか、受精卵が着床するかどうか、そして着床したとしても、
受精卵の染色体異常などで成熟しない可能性も大いにあるため、あくまで確率論です。
そのことを、まず理解し、運がよければ、できたらいいな、というくらいの軽い気持ちで
何より落ち着いた状態で準備し、決して自分たちにプレッシャーをかけないことです。

残された時間が少ないとそうも言っていられないのですが、しかし、プレッシャーを
かけるほど、余計に確率を下げると思っておくくらいで考えておきましょう。
精神状態と妊娠するか否かは、直接関係があるかどうかまでは、明確にはわかっていませんが、
精神状態が不安定であると、ホルモンバランスが崩れたり、血流が悪くなったりするため、
確実に妊娠しにくくなります。

よく、基礎体温を管理して、「この日だ!」と気合を入れて挑む人がおられますが、
それは悪くはありませんが、良いとは言えません。既にプレッシャーをかけた状態だからです。
基礎体温の把握は悪くありませんが、だいたいこの辺の日程という程度で、
その意識は片隅に置いた状態で、二人の営みを愉しむことが重要です。

そのためには、身体の状態も整える必要があります。
当たり前のことですが、適度な運動、栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活を
心がけるようにしましょう。それが、実は一番近道だったりします。

そして、とにかく夫婦でしっかりとコミュニケーションを取りましょう。
妊娠のことを話すこともいいですが、お互いの日常のことや、悩みなどがないか、
お互いのことを理解して、いい夫婦になることこそが、心のバランスを整えることに
つながり、最終的には、妊娠の確率を高めることにつながる可能性があるからです。

心と身体をバランスよく整えること、言葉にすれば簡単ですが、以上に書いたように、
意外と大変なことです。特に、心は力まないように、リラックスさせることが重要なので、
そのことを念頭に置いて、毎日の生活から楽しみながら変えて行くことから始めてみましょう。

puk

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>