サプリメントで妊娠を目指す

私は現在二人目不妊で妊活をしています。
以前一人目を授かったときには専門の病院で体外受精で授かることができました。

体外受精ではかなりの金額がかかるのが当たり前になっていますが、私は今長女の子育てをしていて専業主婦をしているので働いていません。

そのため、一人目の不妊治療で貯金を使い果たしてしまった今としてはどうしても自然に授かることを希望しているのです。

「妊活」という言葉を今始めて聞いたという方も一杯いらっしゃると思います。妊活とは、子どもを作りやすく体の状態を整えることや、そのための回りの生活環境を整えることを言います。避妊についてはみなさん知っていると思われますが、逆に子供ができやすい体にする方法というのは知らない方が多いかもしれません。 では、避妊を止めると子どもがすぐにできるかと言うと、現実にはそうとも言い切れないのです。何年かかっても子供を授かれない女性も大勢いるのです。
出典:妊活・サプリメント.com

妊娠するための活動といっても色々ありますが、私が今している妊活はサプリメントで身体の調子を整えることを基本としています。
昨年までの2年間は一人目とは他の病院で不妊治療をしましたが、それと同時に漢方薬を飲んでいました。粉末や粒ではなく煎じるタイプの漢方です。

かなり飲みにくかったですが、妊娠するためと思い頑張って飲んでいました。

ですが、漢方は保険がきかない為月に2~3万ととても高いのです。

できるだけお金をかけずに妊娠できるように、サプリメントに切り替えることにしたのです。

無理なく続けることが身体の調子を整えるのに大切だと今は考えています。

Read More

基礎体温を間違えてました。

第一子を出産してから二人目の出産まで4年半かかりました。
2年ほど基礎体温をつけて妊活をしましたが効果はゼロ。

生理が来るたびに残念な気持ちになるし、今日が排卵日だと夫に伝えるのも本当に嫌でした。結局は女性から伝えないと男性には分からない事だし、その日に仕事や接待があったりすると、また憂鬱になります。それの繰り返しでだんだんストレスになっていました。

諦めた時に妊娠しました。妊娠した事にも気がつかない位でした。とても嬉しくて涙が出ましたね。

三人目が欲しくなり、また基礎体温をつけて生理についても色々調べたりしました。もともと周期がとても短くて一年に16,7回生理がくる体質でした。すると、排卵日も一般的な人よりも3,4日早い事が分かったのです!もしかして、二人目を妊娠しなかったのは、排卵日を過ぎていたのでは!その通りでした。

私のせいだったのです。夫に伝えると笑っていました。

もう失敗はしたくないので、三人目が欲しい事を夫に伝えて、すぐに妊娠しました。どうしても三人子どもが欲しかったので、目標達成出来て、本当に幸せです。

Read More

妊活中は正しい姿勢をこころがける

食生活を整えたりヨガを行ってみたり、妊活中の女性は何かと自分の体に気を使わなければいけないことがあります。

雑誌などに紹介されているような「妊活に効果のある方法」を片っ端から試すのも良いですが、その前に、普段の生活時の姿勢を改善することから始めてみましょう。

普段何気なくやってしまう足組みのポーズや猫背、反り腰などは骨盤をゆがめたり血行を悪くしてしまったりと体に悪影響を与えます。

リラックスした状態で背筋をまっすぐに伸ばし、体の真ん中に一本芯が通っているのをイメージすることで正しい姿勢がつくれるので日ごろから意識するようにしましょう。

正しい姿勢になることで腹式呼吸を行いやすくなり、深い呼吸をしやすくなる効果があります。

血の巡りが良くなるだけでなく頭がスッキリとして普段からリラックスした状態で過ごしやすくなるので妊活中の女性にはぴったりです。

長年かけてつくりあげた癖を直すことになるので最初は違和感を感じるかもしれませんが、慣れてくればむしろその快適さが身に染みて分かると思います

妊活を意識し始めたら普段以上に姿勢に気をつけて生活するのをおすすめします。

Read More

私が今している事

私は結婚してまだ二年です。
でもそろそろ子供が欲しくなってきたので、二か月前から妊活をしています。

それは体つくりをしたり、サプリメントを飲んだりなのです。
妊娠しやすい体をつくることが、とても大事なのです。今までは何も考えずに、毎日散歩をするようになりました。

仕事もしていないので、いつも家でダラダラしています。そして買い物にも、何をするにも車で移動していたのです。
そのせいで、最近太ってきました。だから歩くようにして、丈夫な体をつくろうと頑張っているのです。
私の友人は、ダイエットを始めたら、妊娠しました。偶然かもしれませんが、太っていると妊娠しにくいと聞いた事があります。
だから私はもっと痩せて、妊娠できる体に近づきたいのです。

結婚している友人のうち、三人は妊娠しています。でも他の二人は結婚して五年経ちますが、なかなか妊娠できなくてとても困っているのです。

私もそうなる前に、今妊活を頑張っておきたいのです。

Read More

体を温めて妊活しましょう

妊活をするのなら、女性の場合体を温めることがいいとされているようです。最近は夏でも身体が冷えて困っている女性が多くいるとのことですが、オフィスの空調の加減で体の中から冷えてしまう女性がいるようです。

体の中から冷えてしまうと体に良くないのは誰もがわかっていることですが、これが妊娠できない原因になっていることを分かっている人はどれくらいいるのでしょうか。妊娠できないとか妊娠しにくい、または妊娠したもののお腹の中で赤ちゃんが育たなかったなど悲しいことが起こるのは、体の冷えが原因だと言われています。

ということは、妊活を考えている女性は体を温めることに意識を向ければいい結果がもたらされると思うのです。自分は冷え性体質だと自覚があるのなら、なおさら体を温めることを続けなくてはいけません。

気分が悪くなるほど体を温める必要はないので、まずはほどほどのところで止めておいて良いでしょう。夏でもソックスを履くなど簡単なところから始めてみましょう。

Read More

心の身体のパランスの重要性

子供が欲しい!
そう思った時に、うまく妊娠できる人は想像以上に少ないものです。それは当然のことです。
二人の体調、排卵のタイミング、受精、着床の確率、正常受精卵となる確率などなど。
すべてが、確率論の世界です。ある意味、妊娠とは奇跡といっても過言ではありません。

それでは、どうすれば、うまく妊娠することができるのでしょう。
長期で不妊で悩んでいるのであれば、まず自分たちの身体に問題がないか確認する必要があります。
少し壁が高いかもしれませんが、それを早めに把握しておくことで、適切な治療を行ったり、
あらゆる方法を模索することができるからです。

夫婦ともに特に身体に問題がなかったとしても、自然妊娠をする可能性は、
必ずしも高いものではありません。先ほども書きましたが、タイミングよく性交渉を
行ったとしても、受精するかどうか、受精卵が着床するかどうか、そして着床したとしても、
受精卵の染色体異常などで成熟しない可能性も大いにあるため、あくまで確率論です。
そのことを、まず理解し、運がよければ、できたらいいな、というくらいの軽い気持ちで
何より落ち着いた状態で準備し、決して自分たちにプレッシャーをかけないことです。

残された時間が少ないとそうも言っていられないのですが、しかし、プレッシャーを
かけるほど、余計に確率を下げると思っておくくらいで考えておきましょう。
精神状態と妊娠するか否かは、直接関係があるかどうかまでは、明確にはわかっていませんが、
精神状態が不安定であると、ホルモンバランスが崩れたり、血流が悪くなったりするため、
確実に妊娠しにくくなります。

よく、基礎体温を管理して、「この日だ!」と気合を入れて挑む人がおられますが、
それは悪くはありませんが、良いとは言えません。既にプレッシャーをかけた状態だからです。
基礎体温の把握は悪くありませんが、だいたいこの辺の日程という程度で、
その意識は片隅に置いた状態で、二人の営みを愉しむことが重要です。

そのためには、身体の状態も整える必要があります。
当たり前のことですが、適度な運動、栄養バランスの取れた食事、規則正しい生活を
心がけるようにしましょう。それが、実は一番近道だったりします。

そして、とにかく夫婦でしっかりとコミュニケーションを取りましょう。
妊娠のことを話すこともいいですが、お互いの日常のことや、悩みなどがないか、
お互いのことを理解して、いい夫婦になることこそが、心のバランスを整えることに
つながり、最終的には、妊娠の確率を高めることにつながる可能性があるからです。

心と身体をバランスよく整えること、言葉にすれば簡単ですが、以上に書いたように、
意外と大変なことです。特に、心は力まないように、リラックスさせることが重要なので、
そのことを念頭に置いて、毎日の生活から楽しみながら変えて行くことから始めてみましょう。

Read More

妊活を理解する事

最近妊活という言葉を良く聞くようになりました。
以前だったら何だろう?と思ったかもしれませんが、近頃は芸能人の方が大々的に妊活宣言をしたり、メディアや雑誌でも取り上げられることが多くなりましたね。
前までは妊活をしていてもこっそりとやるイメージでしたが、最近では割とオープンになったと思います。

やはり妊活には周りのサポートが必要になってくる部分も多いと思います。
何よりも精神的に一人で悩むのは良くないですし、そういった意味では自らオープンにして気持ちに余裕を持って活動した方が良いのかもしれません。
オープンにすることで妊活の情報を共有しやすくなったり、頑張ろうと思う気持ちが増していくような気がします。

私の周りには妊活をしている人はいませんが、もしかしたら話していないだけで実際には妊活をしている人もいるかもしれませんね。
オープンにといってもやはり言いづらい部分はあると思うので、そういった人がいても気持ちは分かります。
一人で悩む事が無いような受け入れやすい社会にしていきたいですね。

Read More